スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
Mr.&Mrs.スミス
アンジェリーナ好きにはたまらない
Mr.&Mrs.スミスを鑑賞。

アンジェリーナは期待通り楽しめましたが
ブラピはまあまあ好きなんですが、今回は
キツイ顔のアンジェリーナが相手なもので、
八の字眉の甘さが際立って完全に「負け」でした。

で!
ストーリーは期待してなかったのにそれ以下でした(苦笑
ジュリア・ロバーツとブラピの共演シーンが2分くらいしかなかった
「ザ・メキシカン」よりはかなりマシですが!
こっちはちゃんと共演していたので、それだけでも評価できます(笑

毎回言いたいことが出てきて素直に誉められないのが残念ですが・・
言わせて欲しい。

とにかくっ!
イイ男とイイ女を鑑賞するだけでいいんだから
あまり余計な要素を詰め込まないで欲しい。
殺し合いの後にラブシーンはいりません。
あと最後のグルグルカメラを回すアクションシーンは
連れが酔ってしまっていました。まわしすぎね。
余計で嬉しかったのはアンジーの女王コスプレくらいです。

そしてっ!
「命がけの夫婦ゲンカ」の割には本気度が足りん!
ちょっとクールな演出をしすぎなのかな?
もっとこう、歯をむき出して「コンチクショー顔」を
して欲しかったですねー。

↓命がけの夫婦喧嘩ならこれくらいやって欲しい
消化不良なのでこれを観ます
「ローズ家の戦争」


とかなんとかいっても
彼女の映画を観ると「体を鍛えねば!」と毎回思うので
ヨガマットでも買って米国人のオリエンタル流行にでも
ついていってみようかと。
さて、「トゥームレイダー」でも観てやる気だそうか・・・

カテゴリ:アクションっ | 11:47 | comments(9) | trackbacks(86)
SAYURI さゆり
すっごく楽しみにしていた「SAYURI」観て参りました。
でも期待のしすぎか、採点はキビシ目に・・・。
みんなが言う「違和感」、きっと慣れれば「異空間」として
馴染めるかと思いきや、最後まで馴染めず・・・。



たぶん、日本語と英語が入り混じってどっちつかずだったから?
話自体は面白いと思うので
邦画として西川峰子や高島礼子を入れて撮って
お正月特番でやったらきっと見たいと思う。

ということでよくも悪くも気になる部分をあげてみた。

★言葉
「ラスト・サムライ」では「英語の話せる日本人」だから自然だったけど
今回は「日本人が何故か英語を日常会話にしている」。
まあ、それはいいんだが、「こんにちは」とか「お母さん」だけ
日本語なのでこれが違和感。もう全部英語にして欲しかった。
あと洋画の日本人役には欠かせない日系の方ね・・・。

★配役
ハリウッドで活躍する日本人となると、渡辺謙と工藤夕貴しかいないのか?
役所宏司、桃井かおりは健闘、工藤夕貴は・・・唯一の日本人芸者を
担うにはちょっと役不足では・・・。演技はうまいと思いますが。
しかし、この主役を中国人キャストに譲ってしまったのが本当に残念。
この役が張れる日本人女優がいないことも残念。思いつかないもんなぁ。

★衣装
すごく分かったことは、着物はやっぱり日本人が似合う、ということ。
チャン・ツィイー、ミシェル・ヨー、コン・リーとみんなすごくキレイ。
でも!中国人の華奢な体つき(特に首、肩、胸板の薄さ)が貧弱に
見えてしまって残念。芸者なので襟を思いっきり抜いているが、そこから
のぞく背中は、骨ばっていて寒そう・・。やっぱ日本人の扁平少年体型を美しく見せる衣装なのだと実感。きっと彼女たちは襟が詰まってタイトなチャイナドレス体型なのだ!

★着付け
生半可な着物知識なので、余計に言いたいが・・・。
自由なデザインで起こした衣装らしいが、どうにもだらしなく
見えてしまった。後ろの襟がクタクタなのが気になって仕方ない。
さらに着付けは誰がやったのか知らんが、半襟の出方がだらしなさすぎ。
わざとなのかも知れないが、帯揚げの出方も汚い。
極めつけは花見の場で桜の着物を着たさゆり。
花街の常識が違うなら申し訳ないけど、普通は着物の柄は
景色とケンカしてはいけない、という決まりのはず。
つまり、満開の桜を見に行くのに、桜の着物を当ててはいけないはずなのに
これってナシじゃないかなぁ?
コレ全部、生半可知識なんで間違ってたらすみません。でも気になった。

★ストーリー
話自体は好き!ただ、思い返せば
花街を描くときに必ず盛り込まれるファクターな気が・・
ううん、まあいいや。外国人が書いたにしては、すごくよく出来てます。

★映像
さすがハリウッド!なお金のかけ方。
花街の映像はセットなのかCGなのか知らないが、とにかくリアル。
舞台監督出身のロブ・マーシャル監督らしく、舞妓をどりのシーンは
迫力満点!とにかく美しい。
日本人キャスト&スタッフで、これと同じセットで、
ロブ・マーシャル監督に
撮ってもらったらきっとスゴイものが出来るなぁ。

「さゆり」観たら、コレ観たくなった↓
迫力満点だもんねー。

カテゴリ:映像キレイ | 11:58 | comments(0) | trackbacks(3)
用心棒
黒澤明云々より、やっぱり
ミフネLOVEラブラブ

だけで観てしまった。


かかか、かっこいいハート

ヤクザの抗争が激化した宿場町にやってきた男は
剣術もさることながら、機知に富んだ作戦で
双方を壊滅状態に・・・。

ストーリーも分かりやすく、テンポもよくて観やすい。
そして、何よりもミフネのワイルド&セクシーさがたまらない!
仲代達矢がかすんで見えるのは、私のひいき目?

参りましたびっくり
カテゴリ:オモロイ! | 16:30 | comments(0) | trackbacks(0)
ALWAYS 三丁目の夕日
ちょっと気になってた本作、大ヒット&クチコミ評価もマルってことで
私も観にいってみました。
「ALWAYS 三丁目の夕日」


Dr.コトー以来、無条件に吉岡君にときめいている&
堤真一も大好きなので
はずれでもいいかーと。

まあ、特別何かが起こるわけでもなく
昭和30年代のエポックメイキングなことを盛り込んだ
ドラマなんだが、ポイント、ポイントでベタな泣きを
提供してくれます。

タコヨさんブログにもあったが
確かに俳優陣がうまい。堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡くんなどに加え
子役もうまい!淳之介役の子は特にうまかったー。
下手な役者がやったら泣けないだろうベタなシーン、
彼らのおかげでホロリときました。

脇役もさりげなーくいろんな人が出てます。
特にピエール瀧の氷屋さんは哀愁漂っててよかったなぁー。

映像も「どうやって作ったの?」ってな自然さ。
懐かしい看板や木造家屋が並ぶ、昭和ノスタルジー世界を満喫。
実際その時代を見ていない私でもしんみりするので
中高年の方は、すごい感動するんだろうなぁ・・・
しかし、50年後に私たちが2005年の世界を映像で見たら
ここまでノスタルジックになれるんだろうか・・・。

TVや冷蔵庫で大興奮!みたいなのを見ていると
私たちはいろんなモノを持ちすぎて「不感症」に
なっちゃってるのかなーと思った。
ピュアな心を取り戻したいわ。

カテゴリ:ドラマ | 11:18 | comments(2) | trackbacks(3)
スター・ウォーズ シスの復讐
早速観てまいりました「エピソードIII」!
連れが「1分1秒でも早く観たい!」とのことで。
しかし結構ダラーっと観てたワタクシでさえも、
最終章となれば期待が高まるってもんです。



いやーーーー。見ごたえバツグン!
IV〜VIは面白く観られたんだがI、IIでちょっとダルかったワタクシ
しかしさすがルーカス氏、ド迫力で最重要エピソードを
描ききってくれました!

戦闘シーンも、前と比べ物にならないほど
迫力があったし、キーマンたちの見せ場もきちっとあり
さらにIVへの導線をきちんと引いてる!
ちょっとチューバッカは無理やりだったけど。

最後のほうはいろんな盛り込むべきエピソードが
同時進行していそがしかったけど、緊迫感バツグンで
楽しめました。

オビ=ワンとアナキンの対戦の部分は、少しウルっと
きてみたり。

家に帰ったら帝国の逆襲をやっていて、そのまま
観てしまいました〜。
でも本作、IV〜VIとI、IIをビシっと観てから観ないと
面白さが10分の1くらいになっちゃうので大変だなぁ。
カテゴリ:ド迫力 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0)
バットマン ビギンズ
ここのところ立て続けに映画観てます!
次は見逃してはならぬ!「バットマン ビギンズ」


マイケル・キートンの「バットマン」を思春期に観て
かなりスキ!だったんだけど・・これはさらにオモロイ!楽しい
笑える部分を残しつつ、基本は大マジメなヒーローアクション。
映像もかっこいいし、なんといっても
クリスチャン・ベール、かっこいい!
体重落としすぎて死に掛けた「マシニスト」の後、
この体作ったってホント!?ってほど
ムキムキの肉体とクールな顔立ち。キャー!

そして執事のマイケル・ケインも個人的にはツボ。
いつもおいしいところを持っていくのね。おじさま。

さらにゲイリー・オールドマン。
最後までどこに出てるか分からなかったら・・・
あの善良刑事さんだったのね!
てっきり悪役かと思ってた冷や汗

そしてケン・ワタナベ・・・
この役、かわいそうすぎない???
得意なはずの殺陣も、スターウォーズ仕込みの
リーアム・ニーソンとさほど変わらない(気がした)し
日本人だかチベットだかなんだか意味不明の役・・・
次はもっと仕事を選びましょう!


カテゴリ:オモロイ! | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0)
皇帝ペンギン
ずるいっ!このビジュアル・・・
ディープブルーも持っていかれたけど
子供のペンギンなんか出されたら
見に行っちゃうじゃん!

ってことで公開始まり次第いってきます。
間違いないんだろうなぁ・・・

カテゴリ:カワイイ・・・! | 01:32 | comments(0) | trackbacks(2)
| 1/12PAGES | >>